【ショップ店員経験談】人の良い所を探す習慣が身についた:アパレル求人転職

スポンサーリンク

<Vol.17>

ファッション・アパレル業界で働きたいショップスタッフに転職したい!そんな人たちに向けた

ショップ店員経験者やファッション・アパレル業界で働いた経験のある人の体験談』

をQ&A形式でまとめていくコーナー、第17回目は30代前半の女性ライドさんショップ店員経験談をご紹介。

※僕自身、服屋さんでショップ店長を3年ほどしていたので、文末にはその経験を踏まえたまとめも書いています

 

スポンサーリンク

Q.どんなアパレル業界の経験者ですか?

ーーどんな世代向けで、どのような商品(価格帯など)を扱っていたかお教え下さい。
単価5,000円~10,000円程度のOLや主婦層向けのオフィスカジュアルでも使用できる洋服を取り扱っていました。

インナー3,000円、トップス、スカートが5,000~7,000円、ワンピースやコートが10,000~20,000円程度です。テイストとしては、シンプル・リラックスです。

 

Q.アパレル業界(ショップ店員)で働くことのメリット、良い点

店舗で勉強用にファッション雑誌を購入してくれるなど、ファッションを勉強させてくれるのでオシャレにもなれます。毎日人と接することで社交的になれ、褒めることが上手になります。

知らず知らず、相手のいいところを探そうとするので、心が丸く優しくなります。気遣いも大事なポイントなので、お荷物をお持ちであれば洋服をずらして置いてもらうなど、気遣いも出来るようになります。

 

Q.アパレル業界(ショップ店員)で働くことのデメリット、悪い点

お店に立つときはその時お店にある洋服を着ることが決まりだったので、毎月大好きな洋服を買えるのはうれしいですが、出費がかさむことがつらかったです。

社員割引で半額にはなりますが、10,000円のワンピースを購入しても5,000円の出費と馬鹿にならず、毎月洋服代だけで20,000円は使用していました。

そのほか、靴や美容院代、アクセサリー代等、自分自身に費用がかかるので、独身の時はまだいいですが、結婚・出産をするとなかなか続けにくいという印象です。

 

まとめ

結婚や出産などを機にアパレルショップ店員を離れる人も多いんですよね。会社によってはしっかり育休をもらえたり、時短労働も対応してくれてますが、やはり小売業界は利益率も低く、そのあたりはまばらです。

ライドさんもおっしゃっる通り、接客業をすると他人の良いところを自然と探す習慣がつくんですよ、ほんとに。そして媚びたりすることなく、嫌味なく褒めることが出来るようになります。とてもいい習慣ですよ。

スポンサーリンク