【ショップ店員経験談】常に見られることで痩せてキレイに:アパレル求人転職

スポンサーリンク

<Vol.14>

ファッション・アパレル業界で働きたいショップスタッフに転職したい!そんな人たちに向けた

ショップ店員経験者やファッション・アパレル業界で働いた経験のある人の体験談』

をQ&A形式でまとめていくコーナー、第14回目は30代前半の女性ハナさんショップ店員経験談をご紹介。

※僕自身、服屋さんでショップ店長を3年ほどしていたので、文末にはその経験を踏まえたまとめも書いています

 

スポンサーリンク

Q.どんなアパレル業界の経験者ですか?

ーーどんな世代向けで、どのような商品(価格帯など)を扱っていたかお教え下さい。
20~30代の女性、主婦層をターゲットにしているカジュアルなお店。プライスは最大でも12000円程度。
ナチュラルからガーリーまで機能的で、普段使い出来る気軽さがある。

 

Q.アパレル業界(ショップ店員)で働くことのメリット、良い点

その時々の流行がすぐに分かります。カラーであったり、ジャンルであったり。

また、人と接して見られる仕事なので、自然と動作や言葉遣いが綺麗になったり、人によっては見られることで痩せたりもします。

見られることを意識するので、美意識は高くなります。お店によって違いますが、社員割引などの制度もありますので、本当に好きな洋服を安く手に入れられるというのは嬉しいですね。

 

Q.アパレル業界(ショップ店員)で働くことのデメリット、悪い点

意外と重労働です。

アルバイトやパートでもフルで入れば社員と同じ位働く事になるので、長時間立ちっぱなしだったり、お店によっては大量に商品が入荷しますから重い段ボールを扱うこともあります。

綺麗にネイルを整えても、1日で駄目になることも。

大型ショッピングセンターなどにテナントとしてお店が入っている場合は、様々なイベントを行いますので、本社だけでなく、ショッピングセンター側との折り合いやコミュニケーションも必要となります。

 

まとめ

僕が3年ほど店長を勤めたのは郊外にある店舗だったので、ショッピングセンター内での事情は詳しくありません。なるほど、運営側とのやりとりも発生するんですね。

美意識が向上するというご意見は非常に多いです。特に女性の場合はみるみるキレイになったり、自然と職に気を使いダイエットに繋がるというパターンも多いようです。

自分を変えたい!という人にショップ店員はうってつけかもしれないですね。

スポンサーリンク