今年のストリートカジュアルにみる、スウェットパンツコーデ6選

スポンサーリンク

近年のファッショントレンドにおいて、「クラシカル」や「スポーツミックス」というキーワードがありますが、クラシックなアイテムの中にスポーティーな要素を入れるスタイルをポイントとして、様々なブランドが提案していますね。

例えば、ジャケット(クラシック)にスウェット(スポーティー)、足元にスニーカーを合わせるスタイル。

それが、今の時代の気分であり、トレンドの気分でもあるのでしょう。

今回は、スウェット系素材のリラックスをした今年らしいスタイルを見ていきたいと思います。

是非、ワードローブの参考にしてみてはいかがでしょうか。

*画像をクリックするとamazonへリンクします

スポンサーリンク

1.スウェット地の「セットアップ」も堂々と

画像出典:amazon
画像出典:amazon

今年は、マストアイテムとしてまずは「セットアップ」。

3WAYの着こなしが出来るのが、お得。

スウェットのセットアップは普段だと少しだらしない様な、品が無いスタイルに見えがちですが、トレンドテーマがあるからこそ、楽しめるスタイルではないでしょうか。

2.「クラシカル」をニットキャップとスニーカーで挟む

画像出典:amazon
画像出典:amazon

王道スタイルといっても良いのが、クラシカルなアイテムをスポーティーなアイテムと挟むスタイル。

トレンドニットキャップやスニーカー、そこにスウェットパンツで全体的にスポーティーにし、同じ面積分のクラシカルなジャケットをトップに取り入れる。

バランスの良い今年らしいマストなコーデです。

3.ポイントは、パンツ裾

画像出典:Amazon
画像出典:Amazon

ポイントは、パンツの裾。

パンツの裾の長さや形によって、足元をより今年らしくするのがポイント。

裾と靴の間から肌が見えるのも、お洒落のポイント。

そこからソックスを垣間見せるのも、今年らしいお洒落なスタイリングです。

4.レザージャケットは、スウェットパンツがマスト

画像出典:Amazon
画像出典:Amazon

ゆったりサイズの硬いレザージャケットに合わせるのは、柔らかいリラックスできるスウェットパンツ。

このクラシカルとスポーティーの相反したバランスを、男らしくも楽しめるスタイルが、レザージャケットでもあります。

より、スウェットパンツの魅力を引き出してくれるのです。

5.トレンドボックスコートには、スウェットパンツとスニーカーで

画像出典:Amazon
画像出典:Amazon

今年のストカジのファッショントレンドアイテムとしてもある、ボックスコートも、その硬いアイテムとは裏腹、柔らかいスウェットパンツにスニーカーを合わせるのがトレンドの気分です。

ベースボールキャップや、ニットキャップをプラスし、ネルシャツなどを腰に巻いても、より一段お洒落なスタイルが出来上がります。

6.綺麗めスタイルも、スウェットとスニーカーでストカジへ

画像出典:Amazon
画像出典:Amazon

ストリートスタイルに見られる綺麗目コーデ。

スウェット地のセットアップジャケパンに、トレンドニットとスニーカーを合わせる。

「スウェット地」の良さを生かしたスポーツミックスと、クラシックな装いが交わったより今年らしいスタイルになっていますね。

いかがでしたでしょうか。

どこか、今まで培ってきた芯を通しながらも、肩意地張らずにリラックスして過ごすという時代や社会の気分が、ファッショントレンドからも垣間見えているような気がします。

トレンドから新しいアイテムの魅力や自分への挑戦の様に、自分らしく挑戦してみることに意味があるのだと思います。

スポンサーリンク