西部劇などでコロコロ転がってる草っぽいアレの名前、知ってます?

オススメ記事
スポンサーリンク
ころころ転がってる、アレ

ころころ転がってる、アレ

西部劇やロードムービー的な映画を見ていると、荒野なんかでコロコロと転がってくる物体があるんですが、ご存知ですか?


▲こういう映画に出てきますね。

子供のころから気になってたんですが、ふと調べてみました。するとさくっと判明!さすがgoogle様。笑

タンブル・ウィードという草で、直訳すると「回転草」

ホコリのようなゴミか何かにしては大きいし、しょっちゅう見かけるな〜と思っていましたが、こちらはなんと草!wikipediaによると

アフリカとユーラシアに分布し、乾燥地や塩性地に生えることが多い。直訳すると「回転草」となり、風に乗って地面をコロコロ転がる姿が西部劇で御馴染である。株はボール状に成長し、秋に果実が成熟すると風によって茎が折れ、原野の上を転がる。この運動により種子をまき散らす。

秋に果実が成熟すると風によって茎が折れ、原野の上を転がる。ということで、ある一定時期までは地面に生えた状態なんですね!たぶんこれから先なんの役にも立たない知識ですが、映画をみるときに『あれは回転草っていう草なんだよ ( ̄∇ ̄)v ドヤッ!』とドヤ顔でもかましてください。

最後に、回転草が登場するシーンをまとめた動画が会ったのでよかったらご覧ください。

調べた中で見つけましたが、現在この草が大問題になってるそうです

西部劇でよく転がってるあの草がアメリカを脅かしてる

投稿者プロフィール

coleccha-sns
coleccha-sns
coleccha!の編集長 花屋ツトムです。
ファッションや遊びをさらに楽しめ、外に出たくなるようなコンテンツ作りをしていきたいと考えています♪
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ