ロック版オペラ座の怪人「ファントム・オブ・パラダイス」

オススメ記事
スポンサーリンク

「キャリー」や「スカーフェイス」など多くの名作を手がけたブライアン・デ・パルマ監督によって1974年に製作公開されたド派手なロックオペラ作品「ファントム・オブ・パラダイス」。

悪魔に魂を売った作曲家の悲劇

天才的だけどちょっとキモい作曲家、ウィリアム・フィンレイ(ウィンスロー・リーチ)。美しい歌声をもつ女性フェニックス(ジェシカ・ハーパー)の才能を見いだし、自分の曲を歌わせたいと夢描きます。ところがDEATH RECORDSのスワン(ポール・ウィリアムズ)に騙されて曲を奪われ、おまけにレコードのプレス機に頭を挟まれ半分ひしゃげてしまいさあ大変。

何があったかウィリアムはシザーマンとマリリン・マンソンを足した様な強烈なビジュアルのダークヒーローに生まれ変わります。ベルセルクに出てくるグリフィスの着けている兜にソックリだなと思っていたら、本当に影響を受けていたようです。

ウィリアムはスワンに復讐しようとしますが、学習しないのかまた騙されて契約をさせられてしまいます。例えていうならウィリアムが新垣隆さん、スワンが佐村河内守といったところでしょうか。また、このスワン役のポール・ウィリアムズ氏は実際にこの映画の楽曲を手がけています。カーペンターズの「Rainydays And Mondays / 雨の日と月曜日は」等の作曲家としても有名です。

パロディバンド達のド派手なステージングが面白い

スワンの劇場である「パラダイス」では、50’s的ロックバンド”The Juicy Fruits”、ビーチボーイズをオマージュした”The Beach Bums”、グラムロック風の歌手”Beef”、KISSっぽい白塗り3人組”The Undeads”が登場し、狂喜乱舞する観客の前でステージングを繰り広げます。歌の内容はストーリーを示唆するものであり、そういった意味ではミュージカル作品ともいえますね。

個人的にはエンディングの「The Hell of it / この世は地獄さ」がお気に入りです。

跳ねる様なピアノがポップな変則的なバラードで、この曲によってまだパーティが続いているかのような奇妙な余韻感を残してくれます。

ゴシックファンタジー的な要素もあるのでティム・バートンが好きな人に特にオススメです。「ロッキー・ホラー・ショー」などのミュージカル作品が好きな人にも推薦したい!

スポンサーリンク
こんな記事もオススメ