カリスマスケーター、マーク・ゴンザレスが愛するadidasの底力

オススメ記事
スポンサーリンク

adidasのスニーカーとしての質は疑うところはありませんが、実はスケボーシューズにおいてもその実力は昔から広く知れ渡っておりました。

その功労者は言わずもがな古くからadidasで自身の名を冠したモデルを発表しているスケボー界のカリスマ、ゴンズことマーク・ゴンザレスです。

編集長ハナヤ氏の記事で以前adidas superstarを扱ったものがありましたが、同様にadidasとゴンズがタッグを組んだsuperstarがやっぱり格好いいということで紹介します。

真っ白なスーパースターには理由があった。

オリジナルのスーパースターは白地に黒ラインが入っていました。また、ハナヤ氏の記事で取り上げられているのは黒地に白ラインが入っている逆バージョン。それこそ黒人のソウルスニーカーだと話題になった代物でした。

そんなスーパースターがアーティストでもあるゴンズの手にかかると、真っ白に。

これだけでも十分魅力的なんですが、このスーパースターには4色のマーカーペンが付属します。

スーパースターこそが真っ白なキャンバス。そこに自由に描き、世界でただ一つのデザインを作ってほしいとの願いが込められているそうです。

さすが詩人。

よくよく見ていただくと付属のマーカーにはおなじみのゴンズのイラストが。シューズのヒールタブにもオリジナルイラストが施されています。

Jason Leeなんかと出ていたBlindチームのビデオはいまだに衝撃が残っておりますが、そんなゴンズももう40歳をとっくに超えており、最近の様子をご覧ください。

やっぱり良い歳のとりかたをしているようです。渋いですねぇ。

そもそもadidasはGonz Proというモデルがあったり、スタンスミスでもゴンズとコラボしたり、なんか色々しておりました。その中から少しご紹介します。

スタンスミス

こちらも大人気のモデルですが、ゴンズにかかるとこんな感じに・・・・。

びっくりするくらいキュートになってます。

Gonz Pro

[アディダス] adidas GONZ PRO

※クリックでamazonに飛びます。

日本国内ではスケボーに特化したadidas skateboardingの商品は少ないんですが、その中での鉄板ですね。

またこちらは日本では流通しなかったモデルですが、ゴンズのデザインが活きています。

15年以上に渡ってadidasと共作をしてきたゴンズ。ここに紹介したのはほんの一部で、まだまだ素敵な商品があります。また、スニーカーだけでなく、シャツなどのデザインも手がけていますので機をみてご紹介できたら、と思います。

スポンサーリンク
こんな記事もオススメ