名古屋・栄にある大人のためのシンプル&上質なセレクトショップ R1

オススメ記事
スポンサーリンク

R1

名古屋の繁華街といえば栄。そんな栄の一角にあるセレクトショップ、R1。店内には素敵な緑の植物たちと共にYAECAやLOLOなどのシンプルで上質なアイテムをセレクト。

知的な雰囲気のオーナー 北畠さんのお話は長年の経験を盛り込んだ、つい聞き入ってしまうような内容でした。

シンプルだけどこだわりたい、そんな人にピッタリなセレクトショップです!

※撮影:花屋 努(許可を頂いた上で撮影)

インタビュー、の前にまずはショップ情報

R1
愛知県名古屋市中区栄5-3-2 NAE栄ビル1A
URL http://www.nagoya-r1.com/
TEL 052-262-1456
営業時間 平日 13:00~19:00/土日祝 12:00~19:00
定休日 第4月曜日・毎火曜日

*  *  *

アールワンはシンプルだけどかっこいい服を中心に販売する名古屋市中区栄のセレクトショップです。飽きが来なくて長く着られる服を提案していきます。
取り扱いブランド:YAECA、nisica、LOLO、evam eva、RINEN、orSlow、ordinary fits等。

*  *  *

それではショップ取材、スタート!

「あえてテーマは一切持たない」というこだわり

coleccha!編集部(以下C!):それではよろしくお願いします。
キレイな店内ですが、移転されて?

R1オーナー北畠さん(以下、北畠さん):ちょうど1年目ですね。

C!:内装なんかは、こだわって作られたんですか?

北畠さん:そんなことはないです。元々レディースのセレクトショップの所だったので、ここのベースを生かして、ほとんどお金をかけずに有るもの使ってって感じですね。

一番こだわったところは、「あえてテーマは一切持たない」こと。その代わり、植物は置こうってのは意識しました。最初は花屋さんに頼んでディスプレイを全部してもらって、ここで育つ子育たない子が出て来る度に足し算引き算をしながら今に至ってます。

緑溢れる店内

緑溢れる店内

C!:お店の名前の由来を教えていただいていいですか?

北畠さん:R1は、31年前の開業時に自分で考えました。私の名前のアルファベット「R」を取って、1番目のお店みたいな感じで。その頃まだ若かったから、「2番目・3番目の店ができるから」って感じでしたけど、今になると「1軒で十分」、みたいな感じですね。(笑)
商売やって気付いたんですけど、基本的に私は広く浅くやるより深掘りしていくタイプみたいなので。

C!:31年…なかなか聞かないです。

北畠さん:「50年やろう」って思ってます。(笑)

C!:50年というのは、オープン当初から?(驚)

北畠さん:いえ、元々最初はすぐに辞めるみたいな感覚だったんですね。だから最初やり出したと同時に誰か引き継いでくれる子も探しつつ…その感覚のまま逆に長く続いちゃったみたいな感じ。(笑)
気付いたらもう、細く長くって感じで。

「人と出会うために服屋をやっている」

C!:31年間続けてこれた秘訣ってありますか?

北畠さん:何ですかね。強いて言うなら服にあまり執着してないから逆にいいのかもしれないですね。人に執着しちゃうっていうか、私は人と出会うために服屋をやっているだけなので。
だから縁があったから服屋させてもらってるだけで、服じゃなくても商材は別に何でもいいんですよ。

もちろん好きでやってるんですけど、もう「服じゃないとダメ」ってワケじゃなくて、でも「人相手じゃないとダメ」っていうのは私の中ですごいあるから、だから「何でもいいや」って部分が逆に続けられたのかな。人だけを大事にしていくっていう所があるから。

C!:人ありきで、何かツールをって考えた時に服を?

北畠さん:そうそう、気付いたら服ばっかやってる、みたいな感じで。

今はたまたま一人でやってるんですけど、バイトの子との出会いだったり、お客さんとの出会いだったり、服を通して色んな人と出会えることが楽しいからやってるだけなので。なので、あまりイヤらしくないって言ったらそうなのかもしれないですね。
例えば「儲けないといけない」とか、「増やしていったら2号店作って」とか、パターンとか型があるじゃないですか。そういうのに囚われないから、逆に続けられているのかもしれないですね。

C!:確かに、「売ろう」って思ったら人がおろそかになっちゃったり。

北畠さん:そうですよね。なのでここのブランドとの出会いも、自然な流れで。
今でこそLOLO・YAECAとかやってるんですけど、YAECAなんて「今一番売れてるブランドの2つって言うとYAECAと何とか」ってくらいに、すごいブランドになってます。
ウチはYAECAをもう10年くらいやってるし、「何で今頃になって流行るんだろ」って逆に。

C!:時代が追いついてきたような。

北畠さん:そんな感じ。YAECAの姿勢もそんなに売れてるからって変わってるわけでもないし。好きなことをただ繰り返しやってたら、時代とタイミングが合っちゃった、それだけのことのような気がします。
今インターネットで色んな情報が入りますけど、「売れてる店が取ってるブランドだったら自分もやってみようかな」とかが出来ちゃうんですよね。だから商材が偏って似たようなお店になっちゃう。でも、売れてる商材をやっても売れないお店所もあるし。

r-4

ウチはほとんどのブランドさんを10年近くやり続けるので。コツコツと長くやるぐらいしか取り柄がないっていうか、そんな感じなんですけど。(笑)

C!:完全に北畠さんのお人柄ですよね!

北畠さん:いえいえ、ちゃらんぽらんなんですよ、私!(笑)

ネットを介し遠方からこられるお客様も。

C!:元々そういう感じで?

北畠さん:元々、いたって普通の人間です!
でも若いバイトの子とか、雇っては育てて送り出してるじゃないですか。そういう子たちなんかに、「自分はヤンチャだと思ってたけど、自分以上にヤンチャな人に初めて出会った」みたいなことをよく言われるから、「え、そうなの!?」って。(笑)

C!:相当なんですね。(笑)

北畠さん:相当なんですよね、本当に。自分はすっごい普通の人間だと思うのに。

C!:自覚はないと…ステキですね!
では、魅力はそういう人との出会いっていう所ですか?

北畠さん:そうですね。お互いに共感し合うっていうか、「これ良いよね!」ていうのが好きですね。

C!:そうですよね。常連の方の方が多いんですか?

北畠さん:ほとんどの方が常連の方ですけど、ネットとかで見て来てくださる方も。以外にこういった商材を好きな人って、ネットで買う人が少ないんですよね。どっちかっていうと慎重な人が好むブランドなので、そういう人って簡単に買っちゃわないみたいで。すっごい吟味してて、「いつか名古屋行って買ってみよう」って遠方から来てくださったり。

靴や小物もラインナップ

靴や小物もラインナップ

C!:なるほど。では、大変だったことは何ですか。

北畠さん:そうですね…。今なんか、バイトの子がいなくて自分一人でやってるから、ネットと店舗っていう風になると、店2軒持ってるみたいな感じなんです。
ネットの方も実店舗の方も、色々商品入れ替えたりディスプレイとか構わないとお客さんって来てもらえないから。手間隙かけて構うのが…目がこたえて、老化でもう本当に。(笑)

実店舗だけでやれたらすごい楽でいいなって思うんだけど、ネットって今時代の中で情報として大事だろうなって思うのでやっているんですけど。

C!:確かに、両方やってたら補い合えますよね。

何をするにもまずは”素直さ”が大切。

先ほど、「ショップで働いている人を育てていく」っておっしゃてたんですけど、どういう方がこのようなお仕事に向いてますか?

北畠さん:そうですね。私が一番思うのは「素直な人」が一番いいなって思います。

C!:なるほど。何となく「自分のこだわりを持って」ってイメージだったんですけど。

北畠さん:こだわりなんか自分の自己満足であって、二十歳くらいの子も「こだわり」って自分の中にすごい持ってるんですけど。私がやる場合は、そこをぶっ壊すところから始めます。「自分のやり方でやっていいですか」って時は、どれだけ教えたところでダメなんですよ。

どんな業種でも仕事を覚える時ってそうだと思うんですけど…真っ白な状態で素直になって聞けばいいのに、なんか抵抗したりクセ出したりするもんだから、色々こじれちゃったりとか。
でもやっぱり新しいことを勉強する時って素直が一番だと思うので。

センスがあった方がいいとか、色んな要素ってあるんだけど。成長しないと出来ないのが仕事だと思うから、そのためには勉強しないと成長しないし、勉強するためには素直にちゃんと聞かないと吸収できないので。

C!:深すぎます…!

【オススメ商品】YAECAのスウェットは大人の上品さが魅力

北畠さん:他のお店では言わないようなことをきっと言ってると思うんですけど、見る角度が全然違うので。そういう風にしてやってるから、有難い事にウチで働いてた子たちって皆つながってて、忘年会とか皆集まるんです。皆やめて違う業種のところに行っても、また戻ってくれて色々手伝ってくれたりとか。

自分がそういうのを好きっていうかね。だからお客さんとも、ずっとつながっていける関係を作っていきたいって思ってます。お客様から言われて嬉しいのが、「色んな服買ったけど、最後まで大事にして着れる服はここの服だった」って言ってくれて、それで何年経っても来てくれたり。

C!:では、せっかくですので売れ筋やオススメ商品を教えてください。

北畠さん:今売れているのはやっぱりYAECA。YAECAのスウェットなんかは素晴らしい商品だなって。もうニットレベルなんですよ。で、全部シームレスになってて、色もグレーっていうよりシルバーって感じで大人のスウェットのような上品さがあって。本当にコストパフォーマンスが高い商品です。

r-6

大人のための上品・上質なYAECAのスウェット

大人のための上品・上質なYAECAのスウェット

C!:では最後に、お客様にメッセージなどあれば。

北畠さん:…別にない。(笑)

C!:「別にない」って書いときます。(笑)

北畠さん:ご縁があったら来てくださいって感じで。(笑)

C!:ステキすぎます。
今日は本当に、ありがとうございました!

北畠さん:こちらこそ、ありがとうございました!

取材後記

名古屋取材唯一の女性へのインタビューというのもありつつ、北畠さんのステキ過ぎるお人柄もありつつ(笑)、自然とテンション上がってしまいました!が、お話していただいたことを振り返ると、人生の教訓的・納得な内容が盛りだくさん。濃いお時間を過ごさせていただきました!

R1お店情報

R1
愛知県名古屋市中区栄5-3-2 NAE栄ビル1A
URL http://www.nagoya-r1.com/
TEL 052-262-1456
営業時間 平日 13:00~19:00/土日祝 12:00~19:00
定休日 第4月曜日・毎火曜日

投稿者プロフィール

coleccha-sns
coleccha-sns
coleccha!の編集長 花屋ツトムです。
ファッションや遊びをさらに楽しめ、外に出たくなるようなコンテンツ作りをしていきたいと考えています♪
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ