KEMURIやスカパラ好き親日マレーシア・スカバンドにムスリムの若者たちが熱狂!

オススメ記事
スポンサーリンク

東南アジアのマレーシアは複数民族国家と呼ばれ、イスラム教徒のマレー系マレーシア人、仏教徒の中国系マレーシア人、ヒンドゥー教のインド系マレーシア人と大別されます。

同じマレーシア人でも宗教を超えることは難しく、それぞれがコミュニティを作っているということで『多民族国家』ではなく、『複数民族国家』と呼ばれる所以です。

宗教の壁

言語、文化、環境など差異があるのが前提ですが、実は我々日本人は宗教に関しては余り馴染みがありませんよね。

そうです、宗教です。

イスラム教の影響力はみなさんご存知だと思いますが、実は周りにイスラム教徒の方がいないのでどのような生活をしているのかがよくわかりません。

そしてまたニュースでみると何処か怖いイメージがありますよね。ネット上ではよく一部のイスラム教徒が、とは言いますが、確認できるものでもないので…。

そこでご紹介したいのがメンバー全員がマレー系マレーシア人でイスラム教徒という『Plague Of Happiness』というスカバンド。フェイバリットにKEMURIスカパラを挙げる親日派のバンドです。

イスラム教とスカバンドが中々結びつかないので動画をご覧下さい。

どうですか?キャッチーなメロと勢いのあるホーンセクション。ライヴもご覧ください。

メンバーは7人編成ですが、曲やイベントによって増えたり減ったりするという自由な構成。ヴォーカル&ギターのナズリが主に楽曲を手掛けています。

インディーズながら自らのレーベルを立ち上げ、近隣国へも積極的にアプローチ。若者を中心に絶大な人気を誇っています。

それでもやっぱりムスリム(イスラム教徒)

激しいパフォーマンスとは裏腹にメンバー全員敬虔なイスラム教徒。教えに従い、アルコール、豚肉などには手をつけません。

また礼拝も欠かさず行いますが、身につけているシャツが《Fu⚪︎k Off!》とかということもあるそう。なんか親近感がわきまくりです。

フルアルバムがYOUTUBEにあがっていましたので、聞いてみてください。

音楽が色んなものを超越して結びつけてくれるようです。

スポンサーリンク
こんな記事もオススメ