ヒップホップ好き必見のオススメ映画Do the right thing!パブリック・エネミーの曲も( ・∀・)イイ!!

オススメ記事
スポンサーリンク

ヒップホップも含め、最近は90年代のファッションやカルチャーなんかが再び脚光を浴びてますね。さらにフリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権の影響もありMCBattleも大人気。

ですが、MCBattleだけじゃなく、80年代90年代も聞いて欲しい!ということで、オールドスクール・ミドルスクールHIPHOPの空気感を体感できる映画をご紹介!
(パブリック・エネミー好きなら間違いありません!!!!!)

スパイク・リー監督 Do the right thing(ドゥ・ザ・ライト・シング)

51FXjb1nYKLそれがこちら、スパイク・リー監督のDo the right thing(ドゥ・ザ・ライト・シング)です。

タイトルは『正しいことをする』『やるべきことをやる』みたいなもので、内容としては人種差別の問題をテーマにしたもの。

前半はなんだかユルいというか、クスっと笑えるところもあるんですが、後半は非常にシビアな問題提起を含んだ社会派な作品。

その夏一番の暑さを記録したブルックリン、住民たちの潜在的な怒りが遂に爆発する!鬼才スパイク・リー衝撃の問題作!!
スパイク・リー監督の名を世界に知らしめた社会派ドラマ。ブルックリンの黒人街を舞台に、イタリア人が経営するピザ屋で働く黒人・ムーキーのドラマを軸に、アメリカ社会が内包する人種問題を浮き彫りにする。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

パブリック・エネミーのFight The Powerがひたすら流れてる

パブリック・エネミーのメインMC チャックDの政治的な切り口のライミングはデビュー当時からとても話題になってたそうで、この曲も『権力と戦うぞ!』って意味。

僕は英語がわかるわけではないので偉そうには言えませんが、パブリック・エネミーはやっぱり別格だと思うんです。

▲これに収録されてるんですが、このCD自体が超名盤です。(てかめっちゃ安いんですね、今)

スパイク・リー監督自身も出演

さて、話を映画に戻します。あんまり詳細を書くと面白くなくなると思うんで、あらすじとかは書かないでおきます。

出演者で注目なのは主人公のムーキー。
(▼表紙でピザ持ってる兄ちゃん。)
51FXjb1nYKL

この人、監督のスパイク・リーなんですが全体的にいい塩梅の演技でとても面白いです。

そして、一番の注目はでっかいラジカセを持って主張をしまくる小川直也…じゃなくて

rk

この人、レディオ・ラヒーム。

この人がずっとパブリックエネミーを流してくれてます。そしてラジカセの電池が切れて買いに行くんですが、そのシーンも笑えます。笑

パロディTシャツ作ってみました

手描きのものをスキャンしPCで色付けしたりしてみました♪これまで何枚か売れてる、隠れた人気商品!

購入はこちら≫

HIPHOPやブラックカルチャー好きなら是非見て欲しい映画です

またまた話が脱線しましたが、是非一度見て欲しいです。

DVD買っても1000円程度みたいですし、保存版としてGETしてもいいかもしれません♪

投稿者プロフィール

coleccha-sns
coleccha-sns
coleccha!の編集長 花屋ツトムです。
ファッションや遊びをさらに楽しめ、外に出たくなるようなコンテンツ作りをしていきたいと考えています♪
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ