女子が選ぶ!パーカー着こなし術★周りと差がつくワンランク上のコーデを提案

オススメ記事
スポンサーリンク

通年通して使いまわせるゆる服パーカーの、ちょっとしたポイントを抑えるだけでOK!な女子目線で選ぶかっこよく着こなせるコツをピックアップします♪

細かいけどカッコ良くなる為にこだわって欲しいディテール

パーカーは着やすくて楽なので結構ひんぱんに使えるアイテムですが、使わない時の収納がかさばってしまいます。
よく使うし、どうせ一着買うならオシャレで長持ちできるいいアイテムを選ぶと、かしこいオシャレさんになれます☆
パーカーもTシャツのようにいろんなデザインがありますが、「こんなデザインのパーカーだと、年齢や容姿に関係なく誰でも男性がかっこよく見えるだろうな」という私的ポイントはと言うと・・・

ポイント1.着やせして見えるシルエットはジャストサイズがコツ

B系やHIPHOP系のデザインの大きなサイズをダボッと着る分厚い生地のパーカーもスポーティーでカッコいいと思うけれど、サイズが体にジャストフィットしている方がスタイルよく見えます!
ジャストフィットで、お腹がへこんでいて、胸板が厚そうで、腕が力強そうで、背中の肩甲骨のラインがセクシーで、脚が長く見えると超カッコいいです。

ポイント2.顔がカッコよく見えるフードのデザイン

パーカーのデザインポイントといえば、フードです!
フードもいろんなデザインがあるので、デザインが変われば顔の印象が変わって見えます。
ゆったりとシンプルなフードはカジュアルな印象に、立体的で高さのある小ぶりなフードは顔の輪郭をカバーして小顔効果がアップしたり、猫耳やスタッズやフードの内側に柄のある裏布があったりとディテールで遊んでいるものなど、パーカーのフードにこだわって♡
立体的なフードのパーカーといえば、ライダースパーカーが一押しです♪

ポイント3.素材

ふつう、パーカーの生地といえばグレーのスウェットですね。
スウェットは内側にパイル織り、外側にジャージーを組み合わせた2層の厚手の生地で、伸縮性があり、汗をよく吸ってくれて、あったかさをキープしてくれるのでとっても心地よく着こなせるところがいいです!
ふつうのスウェットのパーカーもイイのですが、ニット、デニム、レオパード柄、迷彩柄、ギャラクシー柄などオシャレな生地を使ったパーカーはワンランク上の着こなしにイチオシです!

【おすすめな、スエットじゃないオシャレなパーカー・その1】

素材で遊ぶ、いちばんオススメなカッコいいパーカーはニットのパーカー。
立体的な厚みのある編み目のニットパーカーは温かく、ニットの重みが重力で自然と着くずれすることなくスマートなスタイルをキープできます。キレイめコーデやカジュアルコーデなど幅広い着こなしに使えておすすめです!

【おすすめな、スエットじゃないオシャレなパーカー・その2】

フードをはずすとライダースジャケットになる、デニムのパーカー☆
2015年のファッショントレンドはなんといってもデニム!デニムジャケットにスウェットのフードがついたパーカーがカッコよすぎです!
フードをかんたんに取り外せるので、Tシャツやカットソーなど合わせる重ね着を楽しめます☆
レイアードコーデはおしゃれの基本なので、このデニムパーカーはオシャレさん必見アイテムです。

ポイント4.無地のパーカーを選ぶ

ブランドロゴやイラストやグラフィックプリントのあるデザインは、スポーツミックスやストリート系、アバンギャルドなオシャレに使えますが、やっぱり無難に無地のパーカーがカッコよくておすすめです。

ポイント5.黒を買っておけばなんとかなる!

周りよりもワンランク上のオシャレなパーカーを選ぶ一番簡単な方法は、黒い色を選んでおくことです。
パーカーのみならず、どんなアイテムを使ったファッションコーデでも共通して使えるオシャレのルールで、全身を黒やグレー・白などのモノクロカラーで統一するという方法が一番自然に完璧におしゃれに見えます。
最近は細身のタイトシルエットが流行なので、細身のモノクロカラーのアイテムでまとめれば、あなたも着た瞬間からモテ男です♡

全身をモノトーンでコーデする時に、足の方を上半身より濃い色にすると視覚的に安定感が生まれ、落ち着いた印象に見えます。逆にボトムスを白で上を黒などにすると、視覚的に不安定な感じで動きが生まれるので、2つのコーデで同じだけ動いていても視覚的に不安定な組み合わせのコーデの方がよく動いているように見える効果があります♪

スポンサーリンク
こんな記事もオススメ