”服”に性別の境界線はない。着る人が形にする「クロスジェンダー的」ストカジファッション。

オススメ記事
スポンサーリンク

「ジェンダー」や「クロスジェンダー」という言葉を聞いたことがある人も少なくはないと思いますが、最近ファッションを通しても「クロスジェンダー」という言葉を良く耳にするようになりました。

主に、「クロスジェンダー」ファッションと言うと、男と女の性別の垣根を越えたファッションという風に認識します。

エレガントでもあり、モダンな表情もあるジェンダースタイルには、様々なファッションにおけるアイデンティティーの枠が広がっているようにも感じます。

また、近年のファッショントレンドの気分としても、片意地を張らずリラックスした自由なスタイルが見られていますね。

ストリートカジュアルにおける「個性」としてのトレンドが様々なテーマの上にみられているのではないでしょうか。

※画像をクリックするとリンクします

スカート風スタイル

4caa30b42692b52ca46439a4173ff584

画像出典:pinterest

fbfd4faa17c5c55ad2f4e7d3e3b8a0f0 (1)

画像出典:pinterest

588ac3314bf024e1f0e68d454e541158

画像出典:pinterest

20141218223602223_500

画像出典:WEAR

「スカート風」ではなく、「スカート」を実際に履いているスタイルも海外を含め、国内のストリートでも多く見かけますね!

20150126004119097_500

画像出典:WEAR

シャツを腰巻にし、スカート風に♪

eb577a2258693e86b8103661c381bf7d

画像出典:pinterest

79d8d6d50b06d3fb78933f1f51fa94ee

画像出典:pinterest

ロングシャツがワンピーススカートの様なシルエットでスタイルをつくっています。

20141130004503713_500

画像出典:WEAR

ストールやバンダナなども、腰に巻いて、エレガントな印象あるストリートスタイルがみられます♪

色系ジェンダースタイル

09af7cba3ff51cb8f0c7156c841025d8

画像出典:pinterest

ca184b3f942ebd1f5ca91d9585fa3396

画像出典:pinterest

8cb4f4753cc14f844b5e1e8453b9daef

画像出典:pinterest

20140224150322140_500

画像出典:WEAR

「ネオンカラー」を筆頭に、ビビットなピンクなど、女性的な嗜好が強かったように思えるカラーリングも、未来的な色ととらえ、男女の色嗜好の枠は広がっているように感じますね!

柄的ジェンダースタイル

cc49709634dff810cc0b99375d5bb729

画像出典:pinterest

4cd50251cc0a5d36def6c911ff43ad62

画像出典:pinterest

20140719231324542_500

画像出典:WEAR

db9a235799e4ca1df109e3761e826163

画像出典:WEAR

c8b3b1c83c1d25d0747fba82e7b836f3

画像出典:pinterest

柄デザインにおいては、女性らしいデザインアイテムのものでも、違和感なくスタイルに落とし込めるのが近年のトレンドにも見られています。

タイトパンツ(レギンス・スキニーパンツ)

20150201220844193_500

画像出典:WEAR

323f2565e95cc32ecc9298a6f704b341

画像出典:pinterest

13d36df8bb1c2c4d836a121e01f67cac

画像出典:pinterest

04163b90c448af2623a2c82d7213215c

画像出典:pinterest

近年のトレンドにおいても「スウェットパンツ」の様なリラックスして、機能的なアイテムが多く見られる中、レギンスやスキニーパンツなども、男性のワードローブには必須なアイテムですね。

足を綺麗に見せる事が女性のファッションとして見られてきたアイテムですが、男性にとっては「機能美」として機能性を重視したアイテムとしてトレンドで見られています。

ベリーショートパンツ

914bd7ea861d0af1ebe6fe391a40b5fe

画像出典:pinterest

804bfd89bde9e59143f5dc8e9284ec26

画像出典:pinterest

20140721200831157_500

画像出典:WEAR

今年の春夏トレンドにおいても、「ショートパンツ」はワードローブに入れておきたいアイテムですが、よりトレンドライクなアイテムとしては、「ベリーショート」なパンツです。

海外では、男性の太ももの筋肉など男性に見られる足のラインが、女性からは魅力としている声も多くあるようです。

シースルーアイテムスタイル

1656cd5187fde993c7190cb2d2c44f36

画像出典:pinterest

2e263713e643a72b52c3995a87cd0451

画像出典:pinterest

20140602142415288_500

画像出典:WEAR

シースルーアイテムは、女性的なアイテムとして人気あるアイテムでしたが、「スポーツカジュアル」というテーマにおいては、性別の垣根なくスポーティーに着こなせるアイテムとして、多くのストリートスタイルから見られています。

写真家Hana Pesutの「どんでん返し」にみるジェンダー的スタイル

85d2473ea59d482d010dd879e9b03c92

画像出典:pinterest

a957b932bc4c99fd5a06d5052b479a5a

画像出典:pinterest

c6bd94a0205e90b7654f721f1deb3727

画像出典:pinterest

見たことある人も少なくはないと思いますが、一時期話題性を集めたカナダ在住カメラマン「HanaPesut」さんの「どんでん返し」という企画の写真。

カップル同士が私服を入れ替えるというそれだけの写真ですが、現代のメンズファッショントレンドとしても、違和がないスタイルも多くある様に感じますね!

いかがでしたでしょうか。

毎年ファッションのトレンドは社会性を伴ったものとして、「デザイン」や「シルエット」などの様々な要素として落とし込まれ提案されています。

洋服が持つ魅力や可能性は、洋服に対する個々のアイデンティティーとして、今後も様々なトレンドとして提案されていくのだと思います。

その中で、その時のトレンドを自分なりに楽しむ事で、新しい自分らしいファッションスタイルが楽しめていくのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ