沖縄・港川にある素敵すぎる古着屋 RingRingBell Closet!

オススメ記事
スポンサーリンク

rr

国道58号線からすぐの所にある港川ステイツサイドタウン(港川外人住宅街)
その中の一軒、オレンジのワーゲンバスと青い窓枠が目印のお店がRingRingBell Closetさんです。

店内に入ると、1点1点海外で買い付けているというこだわり商品の数々が所狭しと並んでいて、見ているだけでもテンションアップ!
置かれている家具にもこだわりが感じられ、まるで外国のお宅にお邪魔したような気分にもなれます!

スタッフの皆さんは「古着屋さんを目指している人」という本気の方々ばかり。お客様も満足の1点に出会えるよう、きっと手助けしてくれるはず。
「スタッフのキャラクターもそれぞれ個性的(笑)」とのことなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?

※撮影:花屋 努(許可を頂いた上で撮影)

インタビュー、の前にまずはショップ情報

0_IMG_3127

RingRingBell Closet
沖縄県浦添市港川2−18−2 NO.10
URL http://ringringbellblog.ti-da.net/
TEL 098-876-3838
営業時間 11:00〜20:00

*  *  *

RingRingBell&Co.(リンリンベルカンパニー)は、沖縄県唯一のmens,Ladies,kids roomまでを完備した
日本屈指のVINTAGE FAMILY HOUSE.
1930’S〜1960’SのVINTAGEをおもに1点1点海外からの買い付けで並ぶ品々は幅広くウィットに富んでいる。

「あの頃の古着屋」に頑固なまでにこだわり、ワクワク、ドキドキに囲まれたい。
リンベルの一点物、あなたの日々の彩りにいかがですか。

*  *  *

それではショップ取材、スタート!

元は外人住宅街。オーナー待望の場所で、一際目立つマリンテイストのお店に

coleccha!編集部(以下C!):上江洲(うえず)さん、よろしくお願いします。

RingRingBell Closetスタッフ上江洲さん(以下、上江洲さん):よろしくお願いします。

C!:まず、お店の形が特徴的ですね、コンテナみたいな感じで。こんな形は初めて見ました。

4_IMG_3145

エリア内にはオシャレなカフェなども!ついつい散策したくなってしまいます(笑)

上江洲さんここら辺は外人さん用の住宅街でだった場所で、元は1軒家だったんです。それぞれ改装して、今は色んな店舗が集まる形になっています。

C!:なるほど。住居としても使えるんですね。

上江洲さん:そうですね。元々は住居だったので、今でも住んでる方はちょくちょくいらっしゃいます。
昔は住居としてだけだったのが、今は店舗兼住居のような感じで使っていたり

C!:面白いですね!
この立地は一目惚れですか?

上江洲さん:そうですね。ウチのオーナーが元々この場所を知っていて、「ここが空いたらやる」って。場所としてはここ限定だったんです。

C!:すごい思い入れですね。

上江洲さん:そうなんです。58号線から入ってきてすぐ、目に付く所だからってことで。で、この場所が空いたのでオープンすることができました。

C!:それはいつ頃ですか?

上江洲さん:2012年の4月1日にオープンしたので、今年の4月で丸3年になります。
本当にあっという間でした。

2_IMG_3181

C!:オープンまで大変でした?

上江洲さん:そうですね。オープンする時に、床貼りから全部自分たちで作ってるんですよ。
棚なんかも、スタッフが手作りしたものを他の店舗から持ってきました。

C!:お店の外観が青っていうのは、元々その色だった?

上江洲さん:いえ、お願いして青く塗ってもらいました。

C!:すごく目立ちますよね。
あと、入り口にあるワゴンも可愛いかったです。

上江洲さん:あれも、店の看板です。

C!:印象的で、一回見たら忘れないですよね。
では、お店のコンセプトってあります?

上江洲さん:海っぽい感じは出したいってことで。外観の青とか、内装に流木使ってたり、マリンテイストのものがちょくちょく。

3_IMG_3146

C!:確かに、海を感じるデザインですね!

「この場所を知って」欲しい。そして沖縄や全国の人に「この場所に来て」欲しい

C!:一番忙しい時期はいつ頃ですか?

上江洲さん:忙しい時期はゴールデンウィークですね。
ここがもう観光地になっちゃってるので。家族連れとか、観光のお客様も多くて。

C!:地元の方っていうよりは観光のお客様が多いんですか?

上江洲さん:そうですね、今は半々くらいかもしれないです。でも観光のお客様の方が多い日もあるくらい

C!:広告とか、ブログとかで宣伝されて?

上江洲さん:ウチは、ほとんどブログで発信してますね。

C!:それで観光の方が見られて?

上江洲さん:あと、ガイドブックの取材はけっこう受けるので、それで見てくれてるとは思うんですけど。
58号線から入ってすぐですし、「ちょっと行ってみようかな」みたいな感じで。

C!:ついつい入りたくなりますもん、この外観だと。(笑)
では、この先「もっとこんな事やっていきたい」っていうのはありますか?

上江洲さん沖縄の人にもっと知ってもらいたいかなって。まずは存在を知ってもらいたいです。

C!:それは、全国に店舗を広げていくっていうのではなくて、ここのことを知ってもらいたいと?

上江洲さん:そうです。知っていただいて、全国からも来ていただきたいです。

募集条件は「古着屋開業を目指している人」。そんな本気のスタッフが集まるお店

C!:このお仕事はずっとやろうと思って今に至るんですか?

上江洲さん:そうですね、私は。卒業してからずっとこのお仕事です。

C!:では、どんな人が向いてると思いますか?こういうお仕事。

上江洲さん:やっぱり古着好きな方ですかね。

5_IMG_3155re

C!:なるほど。やっぱり好きが一番、なんですね。

上江洲さん:ウチのスタッフ面接する時の条件に「古着屋さん開業を目指してる人」って出して募集してるので。
なのでゆくゆくは古着屋さんがやりたい、古着が好きな人が向いてるかなって思いますね。

C!:将来独立っていうのを考えてる人に働いて欲しいと。

上江洲さん:そうですね。

スタッフとしての喜び、それは「お客様と商品との出会いを見届けられる」こと

C!:メンズで何かオススメってありますか?

上江洲さん:メンズは奥の部屋に揃えてるんですけど。革靴・ドレスシューズを多く置いてるので、そこが一番オススメですね。

6_IMG_3163

奥の部屋に入ると、そこにはメンズのアイテムがズラリ!

C!:あ、1個のお部屋になってて、本当に住居なんですね。ステキ過ぎます。(笑)
では、このお仕事の魅力って何ですか?

上江洲さん:そうですね。商品が1点ものなので、サイズが合って喜んでくれるのを見届けられるのは嬉しいですね。

C!:いいですね。けっこうお客様ともしゃべられたり?

上江洲さん:そうですね。気になってるアイテムがありそうだなって時は、こちらから声掛けはしてます。

C!:なるほど。
では最後に、お客様にメッセージをお願いします。

上江洲さん:メンズも取り揃えていて、カッコいいアイテムがいっぱいあるので来てください、ということで。

C!:ぜひ、全国から?

上江洲さん:はい。お待ちしています。

C!:わかりました。今日はありがとうございました。

上江洲さん:こちらこそ、ありがとうございました。

取材後記

まずはお店の外観に一目惚れ。店内も本当に雰囲気たっぷり。
今回時間がなくて周辺のお店には入れていないのが残念…次回ゆっくり観光気分で回ろうと企みたくなるくらい、とっても素敵なエリアでした!

浦添の古着屋さんRingRingBell Closetお店情報

RingRingBell Closet
沖縄県浦添市港川2−18−2 NO.10
URL http://ringringbellblog.ti-da.net/
TEL 098-876-3838
営業時間 11:00〜20:00

投稿者プロフィール

coleccha-sns
coleccha-sns
coleccha!の編集長 花屋ツトムです。
ファッションや遊びをさらに楽しめ、外に出たくなるようなコンテンツ作りをしていきたいと考えています♪
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ