ピンク系男子?!「ストカジピンクコーデ」でお花見の季節は桜と共に

オススメ記事
スポンサーリンク

春夏にかけて、2015年春夏のファッショントレンドはもうチェックして取り入れている人も少なくはないと思います。

トレンドとしては、カラフルな「柄」や「模様・色」にみるテーマが様々見られています。

その中で、「花柄」をモチーフにした「フローラル」 というテーマの中には、花に見られる様々な色彩が見られそうです。

そこで、今回は日本の春の花として代表される「桜」にみられる、トレンド「ピンク」をベースにしたスタイルを見ていきたいと思います。

中々、「ピンク」を着るのに躊躇する人もいる中で、趣味趣向としてピンクを着るというよりもトレンドとして認識することで取り入れやすくなるのではないでしょうか。

上手く自身を持って着こなすことで、異性同性からも印象の良いスタイルで、自分なりの季節を過ごす事ができるのではないでしょうか。

※画像をクリックするとリンクします

99e0a61289fc7634cab3880bcb416887

画像出典:pinterest

ピンクトップス

bc18cd647f06f4956df1a453ee3c58e1

画像出典:pinterest

78afadf776912b48b205ce1c69d4fc86

画像出典:pinterest

3ce800abb246941565c64d57735d9fb5

画像出典:pinterest

ピンクの中でも、ネオンがかった色や「チェリーブロッサム」で見られる明度の強いカラーリングアイテムがトレンドアイテムで多く見られていますね♪

20140303113626513_500

画像出典:WEAR

20140821164858655_500

画像出典:WEAR

ピンク一色というよりも、バイカラーやピンクのトーンを調整しながら見るアイテムも、今年らしいアイテムとしてみられていきそうです!

ピンクアウター

97c85c7777d544dde5c348303b216c3b

画像出典:pinterest

7f77d4fd2dfd46583601019e899199cf

画像出典:pinterest

80e6a6cb5932d034ff06951e2e5b1e8b

画像出典:pinterest

83430e25cf1142cda7f5b170e70c4237

画像出典:pinterest

20140303134825643_500

画像出典:WEAR

20140618153203960_500

画像出典:WEAR

春のピンクアウターは、比較的淡い色や赤との交差したデザインのものなど、「チェリー」にみられる色がスタイリングから連想できますね。

パンツ

94f0bf25158138fca37e4bac49dcaa31

画像出典:pinterest

a9a783a868248d8a32d876b975eb5ed5

画像出典:pinterest

232cb4422721d71bb33436a50c701ebb

画像出典:pinterest

20140604110506624_500

画像出典:WEAR

20140303131906516_500

画像出典:WEAR

20140508165332997_500

画像出典:WEAR

今年は、ショートパンツ(ショーツ)が多く見られそうですが、色味のあるスニーカーとのスタイリングや、レザースリッポンで強いピンクとの対比など、ピンクのカラーリングをコーディネートでより一層、強く見せるのもポイントではないでしょうか。

シューズ

c22ee9e47cd21036c3fc72434e4f73aa

画像出典:pinterest

841147510a10071a1356074b0fa1247f

画像出典:pinterest

20150131111919267_500

画像出典:WEAR

20141018200153574_500

画像出典:WEAR

ピンクのシューズにおいては、色味が強いネオンピンクが気分!?

洋服のカラーリングとの明確な対比でよりピンクを前面におしてみてはいかがでしょう。

セットアップ

990c70f09149f27e4f86ca92b98347f9

画像出典:pinterest

花柄は、今年の春夏トレンドアイテムとして多く見られそうですね!

ピンクの花柄というと少し躊躇しそうですが、トレンドというタイミングで着る事で新しい自分を発見できるかも?!

小物

a236e972b02c0d43b971b91585bf92a8

画像出典:pinterest

20150116081354226_500

画像出典:WEAR

20140614214725405_500

画像出典:WEAR

小物においても、さりげなくピンクを取り入れるというよりは、堂々とコーデの主役としても取り入れてみてはいかがでしょうか。

洋服から着こなすことに違和がある人は、是非小物から取り入れてみると意外とはまるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

普段は中々コーディネートには取り入れずらいカラーリングでも「トレンド」だからと、トレンドを機に取り入れてみるのもコーデの幅が広がり、より新しいトレンドに対しての視野も広がっていくのではないでしょうか。

まずは、桜が咲くころお花見の時期に、さりげなく挑戦してみては!?

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ