エシカルって何?!「リネン」アイテムを取り入れ、大人の奥行きある春夏スタイルを。

オススメ記事
スポンサーリンク

「エシカル」という言葉を各メディアで聞く様になったが、実際に自分自身がどう「エシカル」と向き合っていけばいいのか分からないという人も少なくはないと思います。

海外では、ファッションの世界でも有名なファッションデザイナーが、「エシカル」という概念を通して社会に様々なアプローチをしていたり、ストリートの中からも「エシカル」にまつわる個性を持ったスタイルが見られています。

1年でも数えきれない洋服が破棄され、破棄された洋服が環境悪への影響も懸念されている中で、「エコ」や「オーガニック」「フェアトレード」などという言葉も、衣食住通して身近になってきていますね。

また、近年の「ミニマル」や「ノームコア」も少なからず、「エシカル」にまつわる枠の中にあるファッションスタイルでもあるのではないでしょうか。

トレンドやお洒落を通しながら、社会貢献にも繋がっていき、また洋服に対するアイデンティティーが、より一層スタイルを奥深くしてくれるのではないでしょうか。

まずは、自然環境に負荷をかけないアイテムであり、春夏のストカジスタイルに奥行きをつける「リネン」素材アイテムの様々なスタイルを見ていきたいと思います。

※画像をクリックするとリンクします

アウター

20140709212425062_500

画像出典:WEAR

20140609153756992_500

画像出典:WEAR

アウターにおいても、さらっと着こなせるのが「リネン」の特徴。

通気性や保温性など機能性は勿論、実用的にも長けている上では、一つはワードローブに入れておきたいですね。

トップス

20140407200344342_500

画像出典:WEAR

20140520181147803_500

画像出典:WEAR

20140512142038757_500

画像出典:WEAR

20140614215638523_500

画像出典:WEAR

20140310161617392_500

画像出典:WEAR

20140615182054451_500

画像出典:WEAR

20140630130511935_500

画像出典:WEAR

20140523210446880_500

画像出典:WEAR

カラーリングも、天然染めをはじめ、幅広いカラーリングが可能となってきていますが、何より色の綺麗さを実感できますね。

また、素材に関しては「リネン」との混合地など、テキスタイルの改良・改善も進んでいます。

春夏は、トレンドアイテムの色彩豊かなアイテムなどとの調和を測るエッセンスとして、スタイリングするのもポイントですね!

パンツ

ea412d553739f336b6ce17da34a4a40e

画像出典:pinterest

20140721000055297_500

画像出典:WEAR

20140512130257170_500

画像出典:WEAR

20140728190303625_500

画像出典:WEAR

ゆったりとしたシルエットと、その通気性、履きやすさは、夏のワードローブには必須アイテムです。

「リネン」が持つある一定の、大人な品が「ソックス」や「スニーカー」などのカジュアルでスポーティーなアイテムをまた違った視点で楽しむ事ができるのではないでしょうか。

セットアップ

20140914191435264_500

画像出典:WEAR

20140521132524862_500

画像出典:WEAR

リネンのセットアップをストカジ風に落とし込むのは、中々容易なものではないと思います。

ですが、さらっと「スニーカー」や「ベースボールキャップ」で挟むだけでも、奥行きのある「ノームコア」であり「ミニマル」で、「エシカル」な、トレンドストリートカジュアルになりますね。

海外リネンスタイルスナップ

a57013c9dc61d94e71565deb2d962a98

画像出典:pinterest

リネンカーディガン

045f499ef93097a0096ca465fba84622

画像出典:pinterest

リネンシャツ

3b4d3dd69b4381342a92774ee5c60b79

画像出典:pinterest

リネンシャツ

66af2d7ba9635ac00b3f3a4649610c25

画像出典:pinterest

リネンパンツ

e3ef1a945ba76103863f86faf5bef1c7

画像出典:pinterest

左、リネンつなぎ、右、リネンパンツ。

海外でも多くのリネンアイテムをつかったストリートカジュアルスタイルはみられています。

ボタンや袖など、細かいディティールでリネンを楽しんでいるスタイルも見られていますね!

いかがでしたでしょうか。

トレンドの移り変わりの早さと、トレンドアイテムが様々あるなかで、いかに自分がファッションを通して、ファッションと向き合えるかは、今後も個々の課題としてあるのではないでしょうか。

まずは、自分が出来ることから、形にしていく「工夫」が、トレンドスタイルにも一歩踏み込んだスタイルの奥行きを作るのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ