ファッション×サイクリングストリートスタイル!

オススメ記事
スポンサーリンク

今回はサイクリング×ファッションをテーマに、オシャレな自転車をカジュアルに乗りこなす人たちのファッションに注目してみましょう。

※画像をクリックするとリンクします

b7ae909cf4775a8566539df73cfdcef3

画像出典:pinterest

様々な自転車の種類と共に、そこにあるファッションの形を見ていきたいと思います。

クロスバイクスタイル

20150228195652881_500

画像出典:WEAR

20141119215812872_500

画像出典:WEAR

20140508140901886_500

画像出典:WEAR

20150221065226270_500

画像出典:WEAR

2ae97e6ce7cdabdaac679bf3ac553dc2

画像出典:pinterest

幅広い意で「クロスバイク」スタイルをカテゴライズしてみてみました。

服装を自転車のカラーリングで締めるスタイル。

トップチューブ・フレームと靴の色を合わせるスタイル。

ホイールの色で服装を締めるスタイルなど様々見られています。

ロードバイクは、比較的フレームと呼ばれるパーツが大きい為、フレームの色味や柄を生かしながら、服装との交差あるスタイリングがたのしめそうですね!

ロードバイクスタイル

20150208222544143_500

画像出典:WEAR

20141024220205041_500

画像出典:WEAR

20140405071057821_500

画像出典:WEAR

20140810211657268_500

画像出典:WEAR

20140711221307865_500

画像出典:WEAR

20140427193702778_500

画像出典:WEAR

059359441c9a97308c035e3010f09f50

画像出典:pinterest

ロードバイク系は、運転スタイルが、前傾姿勢気味なので、パンツの裾があがり、ソックスや靴で遊べたりするのもポイント。

また、風の抵抗的にも、腰に巻いたシャツや巻物などが綺麗になびくのも、スタイリングを楽しめるポイントですね!

ミニバイクスタイル

20140701130813165_500

画像出典:WEAR

20140120181004176_500

画像出典:WEAR

比較的自由に運転を操作しやすいのが、ミニ自転車やBMXタイプ。

ゆったりとしたシルエットのアイテムや動きずらいレザー系のアイテムでも相性が良いですね。

小回りなども効く為、ゆったりとした着心地の服に見られる動いたときのシルエットやドレープ感を出すのもポイントではないでしょうか。

様々な自転車バッグスタイル

39560d3e9e9dadb6fe95ff83acf9d136

画像出典:pinterest

45ef335f37ce2ea14dee8ff59567bdb6

画像出典:pinterest

ce58705e2add91e68743d06a3ccf0593

画像出典:pinterest

7b3ea87c99c1c078aff3cd20d6f628b3

画像出典:pinterest

56b7e1efd9851a97ad47e45a0b2f5b59

画像出典:pinterest

20150214171932136_500

画像出典:pinterest

20140406012619596_500

画像出典:WEAR

何かを背負いながら走るという颯爽感の中には様々な要素があると思いますが、そこでみたい景色の中にもファッションが内包されているのではないでしょうか。

また、自転車とバッグを挟んで自身のスタイルがあり、3つの空間を共にしているという事を考えると、バッグで全体を包み込むように統一感を考えてもいいでしょうし、自身のスタイルを主にバッグと自転車にエッセンスを加えてもよいかと思います。

自転車に乗る先の景色が、自身のファッションに変わっていき、またファッションでその先の景色も無限に楽しみ方を変えていけるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ