「真夏の夜のジャズ」音楽ドキュメンタリー映画の最高傑作。

オススメ記事
スポンサーリンク

w6NNH5vpR3J8hFIByw7NyZNEyE9

「真夏の夜のジャズ」(原題:Jazz On A Summer’s Day)は、1960年のアメリカ映画。 監督はバート・スターンとアラム・A・アヴァキアン。ストーリーはなく、1958年に開催されたアメリカのロードアイランド州ニューポートで毎年8月に開かれるジャズ・フェスティバルのドキュメント映画です。この映画に出演するミュージシャンは、映画の撮影のために演奏しているのではなく、ジャズフェスティバルの演奏をそのまま映画にしたものですが、音楽家の表情や観客の表情もシナリオがあるかのように、生き生きと映像の中で輝いています。現在の音楽フェスティバルみたいに、何万人も集まってのスタジアムの演奏とかではありませんが、こじんまりとした会場の雰囲気や周辺の景観の美しさも特筆ものです。

ジャズの巨人たちとニューポートの風景が織りなす映像美。

出演するミュージシャンはルイ・アームストロングや、セロニアス・モンクなどのジャズの巨人たちを中心に、チャック・ベリーのようなロックンロールミュージシャンまで出演しています。彼らのライブステージをそのまま撮影した映画なのですが、ミュージシャンたちの表情こそ演技を超えたジャズの醍醐味でしょう。

ライブシーンに織り込まれる観客の表情や、ヨットレースが行われているニューポートの海岸の風景も絶妙の美しさです。特筆されるシーンとして、バッハの「無伴奏チェロ組曲」を弾くチコ・ハミルトン・クインテットのベーシスト、ネイサン・ガーシュマンのソロは余りにも美しい場面です。

一時代を築いたジャズ・ミュージシャンたちの夢の饗宴。

出演者は、テナーサックスのジミー・ジュフリー、エリック・ドルフィー。アルトサックスのソニー・スティット。ジャズシンガーのアニタ・オデイ、ダイナ・ワシントン。ゴスペルシンガーのマヘリア・ジャクソン。ピアニストのジョージ・シアリング、セロニアス・モンク。バリトンサックスのジェリー・マリガン。トランペッターのルイ・アームストロング、アート・ファーマー。ギタリストのジム・ホール、サル・サルバドール。ドラマーのチコ・ハミルトンなど、多くのミュージシャンが自らのバンドを引き連れ、あるいはソロでと名演奏を繰り広げてゆきます。

映画としてもこれほど多くの有名ミュージシャンが一堂に会するという映像は例が無く、現在のようにテレビ中継や、勿論そのライブをDVDで販売するなどと言う時代ではなく、多くのジャズファンの中では伝説になっていた映画です。ビデオが世の中に普及するようになってからは家庭で楽しめるようになりましたが、当時では相当センセーショナルなフィルムだったのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

makinogym
makinogym
こんにちは。makinogymです。
音楽と映画とプロレスと競馬の人です。
片手間にデザインとかやっています。
よろしくお願いします。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ