古着好きな旅人必見!!沖縄・古着屋サイクロン:状態抜群のヴィンテージ古着を中心に”男っぽい無骨さ”が魅力

オススメ記事
スポンサーリンク

沖縄古着屋CYCLONE サイクロン

沖縄の観光スポット、国際通り。
今回は2月の平日ということもあり、やや人通りは少ないもののアジア系の観光客などもちらほら。
(修学旅行と思われる高校生の男女も見かけ、一瞬青春を思い出し…そうになったけど僕は男子校でした。笑)

これからの季節、日本国内からも沖縄へ行かれる方多いと思いますが、ヴィンテージ古着が好きな方なら是非行っていただきたいお店がこちら、沖縄古着屋サイクロンさん。

流行を追うよりも自分の好きを追求していきたい、というオーナーさんが集めるヴィンテージものはどれも状態がよく値段も良心的。

ちなみにオーナーさん、【三度の飯より古着好き】な”漢”ですが、しっかり話を聞いてくれて提案もしてくれるので『古着、興味あるけど詳しくないし、、、』なんて思ってる人も気軽に行って色々質問攻めにしてみてはどうでしょう?笑

古着屋を目指す人へのメッセージなども聞かせて頂きました!

そうそう、沖縄行くならレンタカーがあるとかなり便利なので、こういうサイトでお買い得にレンタルしてはどうでしょう?

※撮影:花屋 努(許可を頂いた上で撮影)

インタビュー、の前にまずはショップ情報

IMG_2269

沖縄古着屋CYCLONE サイクロン
900-0013 沖縄県那覇市牧志2-19-26
URL:http://cyclones.ti-da.net/
OPEN:12:00~CLOSE:20:00
定休日:水曜日
*  *  *

沖縄那覇市の牧志にある古着屋サイクロンです!
50’s~のデニム、50’sのレーヨンシャツ、アロハシャツ、ワークシャツなど、取り揃えています。
Tシャツは70~80年代を中心にロック、バイク、サーフ、企業物、映画、キャラクターなどなど、充実の品揃えです!
ぜひ遊びに来て下さい☆

*  *  *

それではショップ取材、スタート!

東京で十数年、そして沖縄で5年。これからもブレずにやっていきたい

coleccha!編集部(以下、C!):こちらのお店はできてどれくらいですか?

沖縄古着屋サイクロン オーナー国吉さん(以下、国吉氏):5年目ですね。

IMG_2260

丁寧に陳列された店内には50〜80年代のヴィンテージがズラリ。
(撮影しながらタクシードライバーのポスターに魅入ってしまいました。笑)

C!:ずっと昔からお店をやりたいと?

国吉氏:そうですね、はい。

C!:最初から沖縄でお店を?

国吉氏:東京に10数年いて、帰ってきてからここで。

C!:東京では修行みたいな感じで過ごしたんですか?

国吉氏:まあ、そうですね。

C!:お店はずっと開こうと思っていて、ブレずに?

国吉氏:そうですね、ブレずにやってきました。

IMG_2264

古着好きには堪らないこの雰囲気

C!:お店はずっと、今後もここでやっていく感じですか?

国吉氏:そうですね。

C!:お店のコンセプト的なものなんかはありますか?

国吉氏:そうですね、アメリカ古着っていうのはありますね。

C!:雑貨やアクセサリーも結構ありますね。

国吉氏:そうですね、ちょこちょこ増やそうかと。

IMG_2287

C!:何人でやられてるんですか?

国吉氏:一人です、ずっと。

C!:そうなんですね、これからも?

国吉氏:たぶん一人だと思いますね。

C!:常連さんが結構いらっしゃるんですか?

国吉氏:そうですね、やっぱり5年もやっていると常連さんも付いて下さったりはしていますね。

ヴィンテージものがオススメ。特にTシャツに注力

IMG_2314

C!:オススメ商品などはありますか?

国吉氏:オススメ商品…そうですね〜…まあビンテージジーンズとかですね。

ビンテージブームの時よりはだいぶ買いやすい金額にはなってます。
あとは、Tシャツですね、ウチは。けっこうTシャツに力を入れてるんで。
IMG_2317 IMG_2323

C!:毎年変わっていくんですか?今年はこれをやろう、とか。

国吉氏:あ、でもほとんど変わらないですよ。まあブレずにやってます。

C!:レディースはありますか?

国吉氏:レディースは、ほんのちょっとです。あそこのコーナーにほんの少し。
あとは、サイズの小さいTシャツとかシャツとかジーンズとかがレディースですね。

C!:今後もスタンスは変えず?

国吉氏:そうですね。

C!:(カウンター周りのミッキーを見て)気になったんですけど、ディズニー好きなんですか?
ちょちょいありますけど?

IMG_2326

国吉氏:まあ、たまたま…ディズニーも好きですよ、はい。やっぱアメリカを象徴するキャラクターなので。

出身の宮古島でお店をしたい…還暦くらいに。笑

C!:今後の野望、みたいなものはありますか?

国吉氏:野望、野望…そうですねぇ。
まあ将来的には宮古島で。自分、出身が宮古島なので。
そこにも店舗が出せれば、っていうのは考えてますけど。まあでも当分先かなと。

C!:いつくらいまでに出せればいいな〜、なんてありますか?

国吉氏:まあ還暦くらいじゃないですか(笑)?

IMG_2291

C!:長い目で、という感じですか?

国吉氏:そうです、そうです。まだ5年しか経ってないので。

C!:5年ってどうでした?

国吉氏:あっという間でしたね。

C!:一番大変だった時期って?

国吉氏:1年目ですね。ちょっとはくじけそうになりましたけどね。
まあでも自分の好きな仕事なんで。幸せなことだと。

古着屋を志す人へのメッセージ

C!:なるほど。どういう人が向いてると思いますか?こういう仕事。

国吉氏:やっぱ好きな人じゃないですか?
3度の食事よりも古着好きじゃないと、多分続かないと思います。

IMG_2309

C!:なるほど。それは、昔からそういう想いがあって?

国吉氏:そうですね、東京にいた時も。まあ3度の食事をしなくても、古着屋に行くという感じでした(笑)。

C!:東京から帰ってこられてすぐにお店を始められたんですか?

国吉氏:はい。

C!:そんなにすぐできるものなんですか?準備とか…

国吉氏:こっちに友達も住んでたんで、まあ友達の協力もあったりして。まあ1年くらいは東京とこっちで、こう、行ったり来たりして。

C!:じゃあ、こういう仕事を目指す人に何かアドバイスみたいなのはあります?先輩として。

国吉氏:うーん、そうですね…。うーん、そうなんですよねー。アドバイスですよね。
その、自分の好きなジャンルを突き詰めたら、まあいいんじゃないかな、と思います。

C!:そうですね。ブレたらやっぱり…

国吉氏:そうですね。「これが流行っている」からじゃなくて、好きなものだったら。

C!:その空気感、めっちゃ伝わってきます。

国吉氏:あ、そうですか(笑)?

まあ好きなものだったら別に失敗しても、仕入れに失敗しても、好きな商品だったら、別に失敗ってことでは無いと。

IMG_2318

C!:では最後にお客様にメッセージがあれば。

国吉氏:お客様に、そうですね…
ご来店いただいて、試着を沢山していただければ。
そしたらビンテージの良さが伝わるんじゃないかと思いますね。

C!:実際にどんどん試着してくださいと。気軽に来てください、という感じですか?

国吉氏:そうですそうです。

C!:そうですよね。わかりました。今日はありがとうございました!

国吉氏:はい、ありがとうございます。

取材後記

「ザ・古着屋」感あふれる店内に、一見クールな雰囲気の店長さん。
インタビュー2軒目で未だに慣れずブルブルの中、時折見せてくださる笑顔にとても救われました(笑)

無骨な”漢”な雰囲気と、話した時の気さくさのギャップは、実際にお話しないとわかりません。
初めての方も、ぜひ気軽に入ってみてください!

沖縄古着屋サイクロンお店情報

沖縄古着屋CYCLONE サイクロン
900-0013 沖縄県那覇市牧志2-19-26
URL:http://cyclones.ti-da.net/
OPEN:12:00~CLOSE:20:00
定休日:水曜日

投稿者プロフィール

coleccha-sns
coleccha-sns
coleccha!の編集長 花屋ツトムです。
ファッションや遊びをさらに楽しめ、外に出たくなるようなコンテンツ作りをしていきたいと考えています♪
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ