春夏コーディネート!メンズシャツの着こなし♪

オススメ記事
スポンサーリンク

4シーズン通してのワードローブにおいて必需品となるアイテムが「シャツ」です。

今年の春夏も様々なトレンド「シャツ」が提案されていました。

色や柄、デザインもそうですが、ポイントに「着こなし方」もチェックするべきポイントです。

是非、春夏前に日々のワードローブのエッセンスとなる一着を参考として見てみてはいかがでしょうか。

※画像をクリックするとリンクします

プリントシャツ

9882130246629751d8f896cf31452bdc

画像出典:pinterest

208d2dc2ef7e5fa44836157a96f58295

画像出典:pinterest

5cae39b056b74847d813fa27934ca98f

画像出典:pinterest

f34d98899eb8c9b388de33b388fc2e50

画像出典:pinterest

5e3247cc1b4bd5699685bbbbb2ccf8d1

画像出典:pinterest

ファッショントレンドの背景にある「色使い」によるコンセプトは、「一色」使いのアイテムというよりも、多色使いのアイテムになる傾向が強いようです。

春夏は装飾する洋服の枚数が少ないこともあり、トップスにおいては1着でおしゃれを楽しむ上でも、多色使いの派手な物が見られています。

また、秋冬に見られたボリューミーなアウターのビックシルエットが、身体を強調としないシルエットがコンセプトとして見られました。

同様に、多色な上に膨張職でもある様な、ボリューミーな視覚効果も春夏のデザインアイテムにあるのではないでしょうか。

Amazonでのシャツ購入はこちら≫
楽天でのシャツ購入はこちら≫

柄シャツ

0834f247ef9750262020955ef99074ae

画像出典:pinterest

008695f9ff052187a5d58450bbd42ec7

画像出典:pinterest

e5f682ea289ee439ea8ed2a457604e6b

画像出典:pinterest

柄シャツにおいては、クラシカルな「チェック」や「ボーダー」もありますが、バイカラーになっていたり、シャツの丈が長かったりと、デザインやシルエットでクラシカルな柄をトレンドデザイン的に提案されています。

また、「デニム」というクラシカルな素材も、トレンドアイテムの一つとして様々な「デニム・インディゴブルー」にみられるデザインアイテムが楽しめるのではないでしょうか。

ロングシャツ

1d9a05f1a8a90aadf0e86e56b8e57bbf

画像出典:pinterest

bf009c921936a79c650ba318f9be28eb

画像出典:pinterest

ロングシャツもトレンドアイテム。

お尻がすっぽりと隠れるような、まるでスカートの様なデザインのものがあります。

背景には、日本ルックの「忍者やサムライ」からインスピレーションを受けている事もあります。

かつ、クラシカルなシャツとは相反し、未来的なデザインのアイテムとも言えるのではないでしょうか。

無地シャツ

78f3fe00af8a5de2d2fc5b63f0773f15

画像出典:pinterest

f27ae098e3e2a68555f7acd2e511144c

画像出典:pinterest

faf49c17ecffe34f9dfa0fd920cd0d2a

画像出典:pinterest

無地の特別に柄やデザインが、装飾が無いアイテムのなかでも、ポイントとなるディティールがいくつかあります。

バイカラーやシャツの淵だけラインでなぞったようなデザインが様々なブランドからも提案されていました。

また、普通の白シャツにおいては、ノーカラー「襟なし(丸首)」のシャツが多くみられそうです。

デニムシャツ

d4d22d35f7e734b63032a11d991b3a80

画像出典:pinterest

0f47b4a4aac488ae0849757502d8433b

画像出典:pinterest

b796943fb52de3b25c69e3dd08bfb51c

画像出典:pinterest

上記でも、少しとりあげました、シャツのカラーリングにおいて注目されるのが「インディゴカラー」です。

主に、「デニム」から見られるカラーで、「青」を基調とした様々なブルー系色の配色のアイテムも見られます。

そこでは、「デニム」のアイテムが本命にあり、そこから青のデニムと水色デニムを重ね合わせたスタイリングなど、1着を通して様々なデニムの奥行きが見れるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

本来クラシカルで普遍的な「シャツ」のアイテムも、他のトレンドアイテムと同様に、「認識」としてトレンド流に様々な魅せ方が見られています。

未来的でデザインにおいても社会と連立していくようなディティールなど、ますます進化し続けるべきアイテムでもあるのではないでしょうか。
Amazonでのシャツ購入はこちら≫
楽天でのシャツ購入はこちら≫

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ