作り方動画有り★自分で作れる!!ジーンズDIYとトリビアとグランジコーデ

オススメ記事
スポンサーリンク

今年のトレンド、デニム・ジーンズを安くおしゃれに楽しもう!!

無理せず安いジーンズを自分でかっこよくDIYする方法や、流行に関係なく長く使えるブランドのジーンズ、そのジーンズの女子が放っておけないルーズなシンプルコーデをご紹介します。


引用http://imgarcade.com/

1位、アメリカ老舗ブランドのリーバイス
2位、日本国産第一号ブランドのビックジョン

ジーンズが避けるときは、初めにウエストのボタンが飛んで、ジッパーとおしりのまんなかの部分から一気にさけていきます。


引用http://imgarcade.com/

これだけは知っておきたい、リーバイス501の特徴


引用https://www.behance.net/

1、ジーンズの開閉部分がジッパーでなく、ボタン!501ができてから唯一変わっていないボタンフライ。

2、履く人の体形や動きに合わせてはきやすい形に収縮するとっても縮みやすい生地、シュリンク・トゥー・フィット。履いていて伸びたおしり周りひざなど、洗うと縮み、使い続けていくうちに履いている人に合わせた形のジーンズになっていきます。生地が縮みやすいために、ジッパーでなくボタンフライになっています。

3、100年以上の歴史があるが、常にデザインやシルエット、製法、加工など進化している。ジーンズの素材や製法を見るだけで、作られたその時代背景を感じることができ、コレクターアイテムも多数あります。


引用https://www.behance.net/

女子が放っておけない!?リーバイス501のルーズなカジュアルストリートコーデ


引用https://www.pinterest.com/
センスがムンムン!ぜったいオシャレな仕事をしてそうな、大人ボヘミアンコーデ。女子のさりげない化粧の違いやオシャレに気づいてくれたりしそうで、会話してみたいコーデ。


引用https://www.pinterest.com/pin/348536458635946083/
影のあるルーズさに母性本能が湧き出てきて、どうしても何かしてあげたくなるコーデ。丈長でダボダボなパンツとレザーサンダルがカッコいい。写真のモデルは女子だと思うけど、メンズライクでかっこいい。


引用http://1539-grendyjelius-xis1.blogspot.com.tr/
背が低めや小柄だからこそ、似合いそうなコーデ。チェック柄のネルシャツとTシャツ、今年のトレンドのつぎはぎがたくさんあるパッチワーク・ダメージ・デニム、スニーカーで。シャツを羽織るだけでもおしゃれ。


引用https://jp.pinterest.com/pin/176977460333079039/


引用http://rd19.exblog.jp/i22/
ルーズでボロボロ、グランジ系コーデはカートコバーンから学ぶ!大きなつぎはぎがデザインポイント!普遍的に人気なデザインで、レプリカというか同じようなデザインの商品を買うことができます。

かんたん!ダメージジーンズの作り方


こちらの方法は、カジュアルなダメージをつけることができる。引いて切るタイプの安いのこぎりでデニムをたて糸と平行に切り、ワイヤーブラシで切った部分をわしゃわしゃにする方法。力もいらないし、でたごみは掃除機で吸い取ると便利。


こちらの方法は、細部までヴィンテージっぽく加工して、ぱっくりひざが見えるようなグランジ系やパンク系デザインにできる。ボールペンで適当にひざの穴を開けたい範囲にしるしをつける。カッターナイフでデニムのたて糸と平行に切り目を入れる。同じようにカッターでたて糸と平行に切り目を入れて、前の腰ポケットふちや、後ろポケットをすり切れたようなデザインにする。ひげそりを使ってポケットやパンツのすその縫い代がポコッとなっている部分をすり切れたデザインにするためにひげを剃るように表面を削る。あとは洗濯機で洗い、乾燥させるを2回くらいくりかえす。洗濯機が糸くずで大変になるだろうけど、適当さが魅力!

スポンサーリンク
こんな記事もオススメ