ハイネック・タートルネックで大人な着こなしコーディネート特集!

オススメ記事
スポンサーリンク

ストリートスタイルにおいて、様々なデザインアイテムや、機能アイテムによるスタイルの組み合わせなどが今年も様々みられました。

表面的なデザインもそうですが、本来アイテムが持つ実用・機能性のさらに一歩踏み込んだスタイルも多く見られています。

例えば、ジャケットの内側にレザージャケットを着用したり、シャツの内や外にニットを着たりと、機能性をアレンジする事でトレンドスタイルとしてもより魅力を引き立たせるようなスタイルがみられました。

今回は、秋冬春と毎年の必須アイテム「ハイネック・タートルネック」にみる、トレンドな着こなしを見てみたいと思います。

※画像をクリックするとリンクします

 セットアップ

20141204235702850_500

画像出典:WEAR

20141117112400524_500

画像出典:WEAR

20141204081004552_500

画像出典:WEAR

セットアップのジャケパンスタイルに見るハイネックニットの着こなしは、クラシカルな着こなしとして定番ですが、より一歩踏み込んだ着こなしとしても様々みられています。

ハイネックニットにセットアップを合わせるだけだと、どこか綺麗目でシックなスタイルに落ち着きます。

今年はそこにトレンドでもある、ツバ広帽で品があるカジュアルさを+したスタイル。

ジャケットの内側に沈むハイネックニットの着こなしではなく、ジャケットの前面に出るような色味やデザインのハイネックニットのスタイリングなどがみられました。

シックにシンプルにまとまるのではなく、より大きなシルエットをそのスタイルから引き出すような印象も垣間みえましたね。

ハイネックonトレーナー

20150116211020217_500

画像出典:WEAR

20141013002202725_500

画像出典:WEAR

20141124110904117_500

画像出典:WEAR

ストリートカジュアルで、より今年らしい着こなしとしてみれたのが、ハイネックの上にセーターやトレーナーを重ねるスタイル。

綺麗目なハイネックインナーの上に、柄物のニットやトレーナーで、素材やアイテムの対比を楽しむ。

また、クラシカルなアイテムの奥行きさがより一つのスタイルから楽しめるスタイリングがみられました。

ハイネックonクルーネックダウン

20141024181438724_500

画像出典:WEAR

20141215175829655_500

画像出典:WEAR

ハイネックニットの上に、クールネック(丸首タイプ)のダウン系アイテムを重ねるというスタイリングも多く見られました。

ここでも、本来クラシカルな意を持つハイネックニットに、カジュアルで機能的なダウンアイテムが合い交わるようなスタイル。

トレンドスポーツミックスからなる、スポーティーな要素が垣間見えるスタイルとも言えるのではないでしょうか。

ツバ広帽子

20150114221942844_500

画像出典:WEAR

20141107161021650_500

画像出典:WEAR

20141106152319325_500

画像出典:WEAR

ツバ広帽は、今年のストリートカジュアルスタイルにおいても、特に人気が合ったアイテムの一つともいえます。

例年までは、ツバ広帽とハイネックニットと言えば、女性のスタイルに多く見るスタイルでもあったと思います。

今年のトレンドとして提案されているポイントの一つに、ボリューミーなシルエットがその女性らしさを打ち消し、男性でもある一定の品を保ちながらスタイリングをする事が魅力あるスタイルの一つとしてみられたのではないでしょうか。

 海外ストリート番外編

68a3638c84c47ebc895bc6579c0a2471

画像出典:pinterest

f6ecab06fae421eb5aaf72eb389f50df

画像出典:pinterest

79cd77889651040903d829014f3b2404

画像出典:pinterest

8eb294480de88229f62aef5b26e505c8

画像出典:pinterest

海外でも様々なハイネックニットの着こなしが見られます。

日本と同様に、ハイネックニットの上にセーターをオンしたスタイリング。

ツバ広帽とのスタイリング。

ハイネックニットが持つ上品さとクラシカルな奥行きは、防寒性ある機能的なアイテムとしてだけではなく、より進化し続けるトレンドルックの「支え」となり続ける可能性を秘めたアイテムとも言えるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ