トレンドストリートはロックな気分??ストリートスタイルに見る「ロック男子」

オススメ記事
スポンサーリンク

昨年より、ストリートカジュアルにおいても、様々なハードでクラシカルなアイテムがトレンドとして提案されていましたね。

チェック柄を基調とする「ネルシャツ」や、つばが広い「ツバ広帽」、「レザージャケット」や「スタジャン」など、ロック要素を兼ね備えたトレンドスタイルも多く見られました。

ロックやロックスタイルにおいては、様々なスタイルがあると思いますが、より今年らしいトレンドの楽しみ方としてもう一歩ロックを深めてみてはいかがでしょう。

アイテムのレイヤーにみる奥行きや、ロックなディティールなど、ワードローブのエッセンスとして参考にして頂ければと思います。

※画像をクリックするとリンクします

ストリート×ロックミックス

448a98d09b131d9c16b6c97fc7592761

画像出典:pinterest

トレンドのツバ広帽と、チェックのネルシャツ、ダメージジーンズでみるロックなスタイルが、トレンドのMA-1や、スニーカーミックスでより今年らしいトレンドスタイルになっていますね!

a69fc3197922ed6ab98909a1b6a7aa4d

画像出典:pinterest

バイカーレザーは、昨年の冬からトレンドアイテムとして人気があるアイテムですが、キャップにスウェットも今年のトレンドアイテム。

ストリートも+「ロック」であったり、+「ワイルド」さを楽しむ奥行きが魅力ですね。

a2955ebb4895031e7a409f8574e8bb95

画像出典:pinterest

柄もロックという幅広いスタイルにおいては、近代的なトレンドのアイコン。

自分なりのロックな柄を楽しむのもポイントです。

1db90dfc74bfb8451a39b8962785ab89

画像出典:pinterest

72366f639f07dffc02e751bd20a17833

画像出典:pinterest

a3d0f57be0af3dcd0f6ff8de4bccf0d9

画像出典:pinterest

7988e3d92e64b822a176a19a70cb1f6a

画像出典:pinterest

腰周りはゆったりと歩くうえで感じる事が出来るストリート感と、腰上にあるシャツやレザーがもつきりっとした感覚もまた、スタイルを楽しむ上では大切なポイント。

デザインだけではなく、アイテムが持ち合わせる行動からみる気持ちがよりロックな気持ちになれる。

そんな、組み合わせ方も楽しみ方のポイントですね。

綺麗目ロックスタイル

861dfbaa1fca8a11c18368b1b9c0bfe5

画像出典:pinterest

20141228212502142_500

画像出典:pinterest

48c79f8411a289c91d5c73b7653d2d4e

画像出典:pinterest

dbe96262959f27a60bd6d46b0a2c2e11

画像出典:pinterest

サイズ感や素材感など、本来アウターとして着るべきアイテムを、インナーとして着こなしたり、アウターとして成り立つ機能性をインナーに持ってきたりと、今日までの本来のアイテムの魅力を自分なりにアレンジするのも、今年らしいトレンドルックですね。

小物アイテムの遣い方や、ディティールに見る「ロック」エッセンス

20140405102226843_500

画像出典:pinterest

ロックなストリートスタイルでも例年見るソックスですが、より今年らしいトレンドとしてエッセンスになっていますね。

dd763f73e96c031cbdc31872ff0624ed

画像出典:pinterest

スタッズは、ロックの定番アイテムとして人気があるアイテムですが、例年よりビッグアクセやビッグシルエットなどがトレンドに見られたこともあり、スタッズなどの細かいディティールにおいても、より今年らしい仕様でスタイルを見ることができます。

5045b853a28c5f168308f7d85abd7ed6

画像出典:pinterest

日本のロックシーンでもみるパンチンググローブは、例年のトレンドアイテムでもあるドライビンググローブとしても、綺麗目なスタイルとの奥行きを相互に垣間見せるアイテム。

それを包むのが、ハードなレザーのクラッチバッグ。

その手元だけでも、アイテムの意を理解したロック感がみられます。

19360851d6850f6d7bad6930a96503cc

画像出典:pinterest

クラシカルでシックなスタイルを良い意味で裏切っている様なアイテムのチョイスは、ハイセンスなコーディネート感を感じるものです。

「クラシカル」という本来ある意を、良い意味で自分なりに裏切るそのアイデンティティーも、ロックな気持ちとして垣間見る奥行きさではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

様々な「ロック」というスタイルの中で、自分なりにロックをアレンジして楽しんでみるのも、その年々ごとのトレンドファッションの楽しみ方でもあり、その年だからこそ出来るスタイルの中でまた、本来の「ロック」という概念も魅力があるものへと変わっていくのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ