冬のモノトーンコーデに飽きたら、「柄×柄×柄!!」色んなスタイルに見る柄コーデ♪

オススメ記事
スポンサーリンク

今回は、思いきった「柄」にみる冬のスタイルを見ていきたいと思います。

色や柄を持たせると気分も楽しく明るくなるものです。

※画像をクリックするとリンクします

ストリート×カジュアル

20140224000204191_500

画像出典:WEAR

トレンドのストリートカジュアルスタイル。

春先までトレンドアイテムとして活躍してくれそうな、色味がある「ビーニー」も全体を一層明るくしてくれるアイテムですね。

20140224170216321_500

画像出典:WEAR

今年トレンドのスタジャンやMA-1タイプもシックなモノトーンが多い中、ワッペンなどをつけてもオリジナリティーがあるスタイルへと変わりますよね。

まだまだアウターが防寒着として必要な時期なので、インナーを派手な柄物に変えるのもポイントです。

20141018102430264_500

画像出典:WEAR

シックなダウンベストも、季節と共に防寒としての役割を果たせば、そのスタイルもまた違った装いを魅せることです。

派手な柄や色味のなかでも、シャツなどクラシカルなアイテムを一つ差し込むことで、エッセンスとして締りがあるスタイルにも見えます。

20150124233714210_500

画像出典:WEAR

今年の冬は、カモフラ柄や迷彩柄のアイテムが多く見らましたが、定番柄だからこそ、その組み合わせは意外と無難になりがち。

まだまだその柄との相性や楽しみ方があるはずだと思いながら、柄×柄に挑戦してみては?!

f10ed2fe7fa06b4a08bf8a167b352688

画像出典:pinterest

BAPE2015S/S最新ルックも、柄×柄のトレンドアイテムが提案されていますね。

一つ、メタリックなものなど近未来的な小物を差し込んでも、モードな装いとして魅力がでますね。

セットアップ

bcda001ef38b0aeda897fb1a4a0d7695

画像出典:pinterest

20140315205940533_500

画像出典:WEAR

20140501150005836_500

画像出典:WEAR

29bfc8e324339deb5ff7b93c0a650ebd

画像出典:pinterest

db77b1b75707ff0c803e264c7f1acb72

画像出典:pinterest

セットアップスタイルにおいては、無地のアイテムをクラシカルなアウターなどに合わせるスタイルも多く見られましたが、今年は春先までまた、パンツだけなど夏までも楽しめる一着をチョイスしてみてはいかがでしょう。

機能性があるだけではなく、様々な洋服と組み合わせる事が出来る万能アイテムなので、柄に対しての奥行きあるスタイルも様々挑戦できそうです。

モダン×モード

1905dade5c46559c1e2deaf2b6fe33ff

画像出典:pinterest

1c1d283a8d44d19f4fd21089f121e9db

画像出典:pinterest

様々なハイブランドからも、新作ルックとして柄×柄のスタイルが多く提案されていました。

昨年より、9部丈パンツなどがトレンドアイテムとしても見られていたので、今年はソックスや足先までもを意識してアクセントのあるスタイルをつくることができそうですね。

シック×クラシカル

4e631ef38abf75da700e728187cd14ff

画像出典:pinterest

20150125154402652_500

画像出典:WEAR

20150117122425302_500

画像出典:WEAR

クラシカルなアイテムを、クラシカルに着こなすのもワードローブの中に必然的にあってよいと思いますが、いかにそのアイテム群でトレンド風に遊べる着こなしができるかというのも、春先に向けてのワードローブを見直すチャレンジでもあるかと思います。

いかがでしたでしょうか。

一重に「柄」がもたなす魅力は、表面的なデザインなどだけではありません。

特に、日本は四季を感じる国なので、春先に向けての気持ちの入れ替えとしても、モノトーンのワードローブの中に「柄」が一つ入るだけでも、気分は変わってスタイルを楽しめるものです。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ