シンプルisベスト?!今流行のスタイルは=「Minimal」 +「 ○○○」?

オススメ記事
スポンサーリンク

ミニマルという言葉が、近年日本でもライフスタイルキーワードとして、ファッション業界でも度々キーワードとしてみられています。

ファッションスタイルにおいての「ミニマル」とは、シンプルな 装いの事を主に指すことが多い様です。

世界的に、すでにティーンの世代からそのファッションキーワードはトレンドの一部としても多くの人から支持を受けています。

今回は、そのシンプルな装い(ミニマル)の上に、何をmixするのか。

それは、トレンドでもあり、また個々のアイデンティティーによるスタイルにもなるのでしょう。

※画像をクリックするとリンクします

ミニマル×スポーツ

6ad5564d5971adca84a18dbcdb93b85b

出典:pinterest

42ec5ba6d0d73110d3353428fa857e27

出典:pinterest

28e30ff110cdb6a76afefafe52c9e652

出典:pinterest

dffb41a7a7a709cd435a98cfe8bca04b

出典:pinterest

デザイン・柄・色などにおいて、シンプルなアイテムをベースに、スポーツをミックスしたスタイルですね。

近年のファッショントレンドでもある、スニーカーをミックスしたり、フードというスポーティーな機能性にみるディティールが「ミニマル×スポーツミックス」のスタイルでは見られます。

ミニマル×ラグジュアリー

aaef83256161e9eddfd0076b0e2517e5

出典:pinterest

553901a4b57fcd92a37b3a5cec195ce0

出典:pinterest

ラグジュアリーとは、装飾が派手で高級感のある様なスタイルを指しますが、ここでは、シンプルな中でも「特別感」といいう意で、スタイルが見られます。

それは、表面的なデザインではなく、実用的な機能性を意としているアイテムを含むスタイルがポイントとして見られていますね。

ミニマル×カジュアル

1bcc88db61d5619ace93f228ba7bcb5b

出典:pinterest

17c63d30c4ef019d30c93bcdfd02b25e

出典:pinterest

カジュアル=遊び心とすれば、シンプルな装いの中にある素材の対比や、トレンドアイテムをミニマルというスタイルの中でいかに差し込むかが、そこに垣間見える遊び心でもあるのだと思います。

ミニマル×モード

052a8c3a67ce6cb535593b86b1365038

出典:pinterest

378f1d4ecfdf6f9e38b8538236d218a5

出典:pinterest

現代において、ファッションスタイルの中で機能的に意としないアイテムをエッセンスとしてスタイルに入れているのがポイント。

ジャケットに柔道着にストリートに見るキャップのスタイリング。

ジオメトリック・幾何学調・メタリックなど、近未来的な柄や装飾。

そこに垣間見るアイテムによる、アイデンティティーが明確であれば、それがミニマルなスタイルともいえるのではないでしょうか。

ミニマル×シック

2030bdf090f7b7c28630021f9e955e18

出典:pinterest

55a962555f591ca72ebe6697d581be74

出典:pinterest

c3fb4011b53f1e2cbd584b54c0954d2b

出典:pinterest

db53084f8eef29ab2574b23c94f4cfea

出典:pinterest

白系のソフトな生地感を持ったアイテムには、どことなくクリーンな印象を持ちます。

そこに、シャツやセンタープレスが入ったクラシカルなアイテムがエッセンスとして+。

ミニマル×クラシック

4f67da299efb66f3228bfdf1a7f78fb0

出典:pinterest

b011479d9bbe6083539f80122765d91e

出典:pinterest

a4b4c635685bc415023eca5f229f016a

出典:pinterest

コート・ジャケット・シャツ・スラックスに、革靴。

クラシカルなアイテムを主につくるミニマルスタイルは、ストリートスタイルでも多くみるコーディネートですね!

いかがでしたでしょうか。

ミニマルという、「シンプル」なスタイルの中においては、トレンドや色、柄、装飾などを無くしたスタイルですが、シンプルな装いをベースに「個性」や「アイデンティティー」という概念を持たせるのも、ミニマルスタイルをより楽しむこつではないでしょうか。

初めて聞いた人も、これからチャレンジしようと考えている人にも、気軽に楽しめるスタイルではないでしょうか。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ