去年と同じレザースタイルでは物足りない。今年のレザーの見方。

オススメ記事
スポンサーリンク

例年多くのファッショントレンドが提案されている中、レザーアイテムは毎年トレンドアイテムとして提案されているアイテムですね。

トレンドは毎年変わるゆえ、レザーアイテムも今年なりの着こなし、来年の着こなしがあります。

ジャストサイズで、サイズ感の違いによるトレンド。

シルエットの違いにより、人々が動いたときに見えるシルエットによるトレンドなど、生活の中からトレンドは提案されていますね。

今年のレザージャケットはいかなるスタイルが時代の気分なのか、見ていきたいと思います。

※画像をクリックするとamazonへリンクします

1.ごつめの”ダブル”ライダースは、モダンmixと艶を。

41dlwGYd9CL

画像出典:Amazon

ファッショントレンドとして見られている「大ぶりシルエット」。

そのテーマを背景に、ライダースジャケットは細身でタイトなものではなく、ゆったりとしたシルエットのダブルタイプがトレンドの気分。

いかに、男らしく無理なく着こなせるかがポイントですが、そこに垣間見せるべきポイントが、男の”艶”。

パンツやインナーにクラシカルでモダンなアイテムをもってくるかで、より今年らしいライダースの着こなしが変わってくる。

また、ノーソックスで艶感のある革靴で挟むことで、よりモダンな表情あるスタイルになります。

2.ノーカーラーライダースも、インナーはネックのあるものを。

41ZwPs1fx3L

画像出典:Amazon

シングルライダースは、毎年の定番ですが、シングルでも襟が無いタイプがトレンドの気分。

インナーアイテムを合わせる上で、襟が高いものなどを選ぶのがポイント。

アウターの襟で定型を立てるよりも、内から外に誇張するスタイリングも見られていますね。

3.シックなスタイルには、綺麗目ライダースよりも、カジュアルライダースを。

41t9HTy9X+L

画像出典:Amazon

綺麗目でシックなスタイルに合わせたいのは、シックにミニマルに収まるようなシングルタイプのレザージャケットではなく、あえてカジュアルなライダースジャケットをあわせる。

例えば、フードが付いたライダースジャケットだ。

そのディティールから見えるスポーティーな要素が、現代のトレンドな着こなし。

4.バイカラーレザーは、スポーティーに。

41kYIQAzH-L

画像出典:Amazon

近年は、バイカラーレザーアイテムが多く見られていますね。

2色展開や、生地感の違うレザーを組み合わせたレザーアイテム。

その都会的なスタイリッシュさには、モダンではなくスポーティーに落とし込むのが、近年の味。

カジュアル過ぎないように、ある一定の品を保つ事も大事で、綺麗目なボーダーニットなどが相性の良いアイテムになりますね。

5.フーディーレザーとスウェットパンツ。

71JGNwkIh8L._UL1500_

画像出典:Amazon

フードタイプのレザーアイテムは、他でも見られましたが、その大ぶりなシルエットにあわせるのは、綿パンやスラックスなどスタイリッシュにするのではなく、ゆったりでスポーティーなスウェットがマストスタイルではないでしょうか。

もちろん、最後は足元にソックスとスニーカーを。

いかがでしたでしょうか。

全体的に、ゆったりしたレザーの着こなしの中にも、ある一種の”品”が垣間見えます。

カジュアル過ぎず、くどくなりすぎない、コーデ作りがポイント。

レザーアイテムをいかに崩し、遊べるかが、今年らしいレザーの着こなしに奥行きを与えるのです。

投稿者プロフィール

kuroro
世界のトレンドやストリート、生活から見る奥行きあるファッションやライフスタイルを日々追求。シンプルでも、創造的でも、そこにあるのは自分らしい考えの下あるスタイルを目標にしています。
スポンサーリンク
こんな記事もオススメ